ホーム  > 国技館のご案内 > 相撲博物館 > 展示紹介

展示室が1室のため常設展示ではなく、年6回の展示替により様々な資料をご覧いただけるよう努めています。

現在の展示

「大相撲ってなんだろう? ~テレビに映るものごと~」

展示期間 平成29年(2017)6月20日(火)~8月10日(木)

 大きな力士が、廻し1つでぶつかり合う大相撲。近年、外国からの来場者も多く、相撲は世界中に知られるようになりました。また、会場で声援を贈るだけでなく、テレビで観戦している方も多いのではないでしょうか。
 大相撲は、力士と廻しだけで成り立っているわけではありません。行司・呼出しや番付・土俵など、それぞれの人・様々なモノが各場面で活躍します。なかでも色鮮やかな行司装束や化粧廻しなどは、大相撲を華やかに演出し、観客を魅了していることでしょう。
 今回は特にテレビに映る人やモノを中心に、大相撲の基礎知識をテーマとした展覧会を開催いたします。大相撲に欠かすことのできない様々な資料から、大相撲とは何かを考える機会となれば幸いです。

御免札 平成17年一月場所
1 御免札 平成17年一月場所
 本場所約1ヶ月前に行われる「御免祝い」の日に会場の櫓下や出入り口付近に、本場所の日程を告知するために立てられる。起源は定かでないが、江戸時代中期にはあったとされる。
「御免」とは、江戸時代に、興行の許可(御免)を寺社奉行より得ていたことに由来する。
板番付 昭和30年2月名古屋準本場所
2 板番付 昭和30年2月名古屋準本場所
 板に書かれた番付で、本場所ごとに櫓の中ほどや会場の入口付近に掲げられる。大入り満員を願い、屋根の部分を「入山形」に作っている。幕下格行司と三段目格行司が担当し、3~4日かけて書き上げられる。
 なお、準本場所とは昭和43年(1968)まで見られた本場所に準ずる興行形態で、現在は行われていない。名古屋では、同33年(1958)7月から本場所が開催されるようになった。
幟 平成29年五月場所
3 幟 平成29年五月場所
 力士の四股名、行司、呼出しや部屋の名前などを染め上げた布製の旗で、後援者などから贈られる。本場所・巡業の会場、地方場所の宿舎周辺などに立てられる。現在の幟は、縦540cm・横90cm。
幕内土俵入り 平成29年一月場所
4 幕内土俵入り 平成29年一月場所
 中入の時間に東西それぞれの幕内力士が土俵上で所作を行うこと。化粧廻しを締め、呼出しの合図と行司の先導により土俵に上がる。また、十枚目力士も幕下上位五番前に行う。
弓取り力士用化粧廻し
5 弓取り力士用化粧廻し
 弓取り式の際に締める化粧廻し。弓取り式は、結びの一番のあとに行われる。決められた所作で、勝ち力士に代わって横綱のいる部屋の力士が務める。
優勝旗(3代目)
6 優勝旗(3代目)
 昭和29年(1954)9月から平成2年(1990)11月まで使用されたもの。縦86cm、横130cm、重さ約3kg。優勝旗の授与は、明治42年(1809)6月から始まった。
 優勝旗授与の仕方は、優勝制度によって変わっている。優勝旗授与が始まった当時は東西制という、番付の東西対抗の団体戦が行われていた。勝ち数の多い方を優勝とし、優勝した側の横綱・大関を除く優秀成績力士に優勝旗が授与された。現在は、幕内優勝力士に与えられる。
大入袋 平成29年一月場所
7 大入袋 平成29年一月場所
 本場所で会場定員の9割に達した「満員御礼」になった際に、協会から関係者に配られる祝儀袋。天覧相撲の際は、「行幸啓記念」の朱印が捺される。起源は定かではないが、大正12年(1923)一月場所9日目に配られていたことが、当時の新聞に載っている。
29代木村庄之助使用の装束
8 29代木村庄之助使用の装束
 高知県香南市出身。昭和20年(1945)11月に初土俵、平成7年(1995)1月から同13年3月まで29代木村庄之助として立行司を務めた。事務能力に優れ、長く若手行司の指導にあたった。
 行司装束は、階級によって軍配房・菊綴・飾りひもの色が決まっている。行司の最高位である木村庄之助には、総紫の使用が認められている。

展示解説のお知らせ

日時 7月9日(日)・23日(日)の14時から
参加ご希望の方は相撲博物館展示室までお越しください。

過去の展示