ホーム  > 国技館のご案内 > 相撲博物館 > 展示紹介

展示室が1室のため常設展示ではなく、年6回の展示替により様々な資料をご覧いただけるよう努めています。

現在の展示

「俳句・川柳にみる江戸の相撲」

展示期間 平成29年(2017)10月24日(火)~12月26日(火)

 俳句の世界では、相撲は秋の季語としてよく知られています。これは奈良・平安時代に朝廷で催された相撲節(すまいのせち)が、毎年7月に開催されていたためです。松尾芭蕉からアマチュアの愛好者まで、俳句の題材として相撲はさまざまな人々に詠まれてきました。7代横綱・稲妻雷五郎は、相撲が強かっただけでなく、俳句をたしなんだことでもよく知られています。
 季語や「かな」「や」などの切れ字を必要としない川柳は明和年間(1764~72)から流行し、自由で笑いも誘う作品が数多く誕生しました。江戸時代後期の『誹風柳多留』(はいふうやなぎだる)には相撲にまつわる川柳も少なくありません。
 今回は、俳句・川柳や、力士を詠んだ狂歌を紹介しながら江戸の相撲の世界へ皆さまをご案内します。錦絵とともにお楽しみいただければ幸いです。

畠山重忠・長居相撲の図
1 畠山重忠・長居相撲の図
 江戸時代前期の代表的な俳人として名高い松尾芭蕉(1644~94)も作品の題材とした。元禄4年(1691)に詠んだと伝わる「むかしきけ ちゝふ殿さへ すまふとり」は、鎌倉初期に活躍した武蔵国の武将・畠山重忠(1164~1205)をモチーフにしたもの。「ちゝふ殿」が重忠のことである。下部の絵図が『古今著聞集』にある両者の相撲を正持という行司が描いたと伝わる作品。「自分に勝てる者はいない」と豪語する長居に源頼朝(1147~99)は、重忠との相撲を命じた。重忠は怪力で長居を圧倒し、肩の骨を砕いてしまったという。上部は俳句を嗜んだ7代横綱・稲妻雷五郎による相撲の極意と自作の句。
西ノ方大関横綱土俵入之図 稲妻雷五郎 歌川貞虎 画 文政12年~天保10年(1829~39)
2 西ノ方大関横綱土俵入之図 稲妻雷五郎 歌川貞虎 画 文政12年~天保10年(1829~39)
 稲妻雷五郎(1802~77)は茨城県稲敷市出身の7代横綱。6代横綱・阿武松緑之助(おうのまつみどりのすけ、1791~1850)とともに文政~天保年間(1818~44)に活躍。相撲が強かっただけでなく、俳句を嗜んだことでも有名。
春なれや 名もなき山の 朝霞  いな妻
3 春なれや 名もなき山の 朝霞  いな妻
 稲妻雷五郎の作品。多くの句を詠んでおり、このほかにも「大空や 苦にせぬ松の 力瘤」「香にめてゝ 雲の晴間や 菊相撲」「四方山に 錦きせたき 秋の夢」などの作品がある。
名所江戸百景 両ごく回向院元柳橋 歌川広重(初代)画 安政4年(1857)
4 名所江戸百景 両ごく回向院元柳橋 歌川広重(初代)画 安政4年(1857)
 大相撲は太鼓の音にはじまり、太鼓の音で終了する。興行のたびに建てられる櫓は大相撲がはじまることを知らせてくれる。小林一茶(1763~1827)は文化10年(1812)に「うす闇き 角力太鼓や 角田川〔隅田川〕」と詠んでいる。
大相撲関取御江戸両国橋通行ノ図(部分) 歌川豊国(3代)画 弘化4年(1847)
5 大相撲関取御江戸両国橋通行ノ図(部分) 歌川豊国(3代)画 弘化4年(1847)
 両国橋を闊歩する力士たちと、見上げるように見つめる人々。回向院周辺では、川柳にあるような光景を目にすることができた。場所入りの際にも人々は力士の大きさに驚愕したことだろう。「関とりの 乳のあたりに 人たかり」(『誹風柳多留』初篇、明和2年(1765))など、力士の体の大きさを表した川柳も数多い。
釈迦ケ嶽雲右衛門と女性 磯田湖龍斎画 明和7年~安永3年(1770~74)
6 釈迦ケ嶽雲右衛門と女性 磯田湖龍斎画 明和7年~安永3年(1770~74)
 川柳で2階から目薬をさすといわれた島根県安来市出身の大関・釈迦ケ嶽雲右衛門(1749~75)が女性を指1本でつり下げている。身長約2メートル6センチ、手の平29センチ、足の裏39センチ、体重143キロほど、1回の食事でご飯を3升食べるとある。「釈迦ケ嶽 二階から目へ 差し薬」(『誹風柳多留』130篇、天保5年(1834))と、その大きさは川柳で表されている。
小柳 荒馬 歌川豊国(3代)画 弘化4年~嘉永5年(1847~52)
7 小柳 荒馬 歌川豊国(3代)画 弘化4年~嘉永5年(1847~52)
 「あらつほい 仲人をする 庄之介」(『誹風柳多留』15篇、安永9年(1780))。川柳のように激しい取組の仲人をする木村庄之助が描かれた作品。大関・小柳常吉(1817~58)は千葉県市原市、関脇・荒馬吉五郎(1809~54)は千葉県船橋市の出身。12代・木村庄之助(?~1861)は出身地不詳。
江戸相撲勝負付 安政5年(1858)春 8日目中入後
8 江戸相撲勝負付 安政5年(1858)春 8日目中入後
 「取る投ケる 摺る出す売れる 勝負附」(『誹風柳多留』82篇、文政8年(1825))。取組が終了すると、その結果はすぐに勝負付として市中で販売された。上に勝った力士、下に負けた力士が摺られている。「勝負なし」とあるのは同体などで勝敗がわからない場合の判定で、安政年間(1854~60)まであり、無勝負とも呼ばれた。「引分」は勝負がつかなかった場合。めったに見られないが、現在も水入り2回を経て二番後に取り直しても決着しない場合などに引分となる。
雷電為右衛門の手形
9 雷電為右衛門の手形
 大関・雷電為右衛門(1767~1825)は長野県東御市出身。大相撲史上、無類の強豪として知られる。幕臣で文人の大田南畝(1749~1823)が「百里をも おとろかすべき 雷電の 手形をもつて 通る関とり」と狂歌を添えた手形は、実際に押したもの以外に摺られたものもある。雷電の手形と往来手形、関所の関と関取をかけた作品だが、雷電の人気ぶりがうかがえる。
生月鯨太左衛門江戸下リ道中ノ図 歌川豊国(3代)画 弘化2年(1845)
10 生月鯨太左衛門江戸下リ道中ノ図 歌川豊国(3代)画 弘化2年(1845)
 張出前頭・生月鯨太左衛門(1827~50)は、長崎県平戸市出身。身長は227センチの大男。弘化元年(1844)、江戸相撲に初登場し、大変な注目を集めた。東海道を下る姿を描いたこの作品には、立川焉馬(2代、1792~1862)による狂歌が添えられており「七尺に 五寸あまれる 生月は ならふかたなき すまひ男にして」とある。

展示解説のお知らせ

日時 11月10日(金)、12月8日(金)の14時から
参加ご希望の方は相撲博物館展示室までお越しください。

次回の展示

「明治時代の大相撲」

展示期間 平成30年(2018)1月4日(木)~2月16日(金)

 明治維新によって新しい時代を迎える中、前代の遺物と見なされた大相撲を取り巻く環境は、たいへん厳しいものでした。そうした状況にあって、大相撲が人気を回復していくきっかけとなったのが、明治17年(1884)の明治天皇による天覧相撲であり、大相撲を支えた名力士たちです。
 今回、梅ケ谷藤太郎(初代)や常陸山谷右衛門など、明治時代を代表する名力士や当時の出来事をご紹介いたします。江戸時代に興行として確立した大相撲は、明治時代になると徐々に競技としての制度が整備され、現在に至る大相撲の姿が形作られていきました。本年は明治元年から150年の節目にあたります。この展覧会が、明治時代の大相撲を振り返る機会となれば幸いです。

御濱延遼舘於テ天覧角觝之図 歌川国梅 画 明治17年(1884)
1 御濱延遼舘於テ天覧角觝之図 歌川国梅 画 明治17年(1884)
 梅ケ谷藤太郎(初代)(1845~1928)は、福岡県朝倉市出身の15代横綱。身長176cm、体重120kg。大阪相撲に入門して大関に昇進したが、東京相撲に加入。番付外から取らされる屈辱を受けたが、実力を発揮して出世した。明治7年(1874)12月場所入幕。はず押しや左四つからの寄りを得意としてほとんど負けず、引分、預、休場を含んでの58連勝と35連勝を記録した。明治17年3月の明治天皇の天覧相撲に際して横綱免許を与えられ、その天覧相撲で大達との大熱戦が大評判となって、明治維新以降停滞していた相撲人気が大いに高まった。
 引退後は、年寄・雷となって東京相撲の運営に尽力した。特に国技館の建設が大きな功績として挙げられる。雷部屋を創設して、20代横綱・梅ケ谷(二代)のほか多くの幕内力士を育てた。梅ケ谷(二代)が引退すると、年寄・雷と部屋を譲って隠居したが、周囲は「大雷」として厚く敬い、相談役といった立場にあった。83歳で没したが、歴代横綱の中で最も長寿である。
 この錦絵は、明治17年の天覧相撲で、梅ケ谷(初代)が披露した横綱土俵入りを描いたもの。太刀持ち・大鳴門、露払い・剣山、行司・木村庄三郎(のち15代木村庄之助)。
東京相撲 明治23年(1890)5月場所番付
2 東京相撲 明治23年(1890)5月場所番付
 明治23年1月場所で大関に昇進した西ノ海嘉治郎(初代)は、場所後に横綱免許を受けた。しかし、次の5月場所の番付では、入幕から4場所負けなしの好成績を残した高砂部屋の後輩である小錦八十吉(1867~1914)が東の正大関に昇進し、西ノ海(初代)は張出大関となった。西ノ海(初代)は、大関に先に昇進していること、横綱免許を受けていることから、張出とされたことに不満を抱いた。そこで、西ノ海(初代)に対し、番付で「横綱」と冠することとした。これが番付に「横綱」と記載された最初である。東の張出に「横綱 鹿児嶋 西ノ海嘉治郎」とある。
 番付に「横綱」と記されるようになったことで、「横綱」は力士の最高位との認識がより高まった。そして、明治42年2月の大角力協会規約追加で、「横綱」は最高位置の力士であり、また地位であることを明確にした。
横綱土俵入之図 玉波 画 明治34年~38年(1901~1905)
3 横綱土俵入之図 玉波 画 明治34年~38年(1901~1905)
大砲万右衛門(1869~1918)は、宮城県白石市出身の18代横綱。身長194cm、体重132kgで当時としてはまれに見る大型力士。三沢滝から大砲を名乗る。入門当初は強さを発揮できなかったが、体を生かした相撲を覚えて番付が上がりだした。突っ張りや叩き、右四つでがっぷりに組むと力を発揮した。巡業では一人土俵入りを披露している。将来を期待されて、負け越しなのに番付が上がったこともある。幕内通算成績は98勝29敗51分4預と、慎重な取り口のため引分が多かった。明治39年(1906)1月場所では1勝8分、同40年5月場所は9分で、「分け綱」といわれた。
 引退後は年寄・待乳山を襲名。現役時代から弟子を育成するとともに、巧みな話術を生かして巡業の先乗りや交渉、勝負検査役で活躍した。
常陸山谷右衛門(1874~1922)
4 常陸山谷右衛門(1874~1922)
 茨城県水戸市出身の19代横綱。身長174cm、体重146kg。御西山から常陸山を名乗る。水戸藩の弓術師範の家に生まれ、旧制水戸中に通学した。力士への思いを断ちがたく東京に出て、同郷の常陸山虎吉(のち年寄・出羽ノ海)に入門。幕下のころに脱走して名古屋相撲に加わったことがある。復帰後は無類の強さを発揮し、梅ケ谷(二代)をライバルとして競い合った。堂々と受けて立ち、きめ出しや吊りなど豪快な技で相手を退けた。現役中に欧米を巡るなど進取の気風に富んでいた。その性格や相撲ぶりから「御大」「角聖」といわれて慕われた。優勝1回。
 引退後は、年寄・出羽ノ海を襲名し、多くの弟子を育て、現在の出羽海一門の基礎を築いた。相撲協会の取締を務めて協会の運営に務めた。
常陸山谷右衛門使用の化粧廻し
5 常陸山谷右衛門使用の化粧廻し
 常陸山の出身地水戸を治めていた徳川家の家紋である「三つ葉葵」を、薄紫の羅紗地に金糸で刺繍したもの。
常陸山谷右衛門使用のシルクハットとステッキ
6 常陸山谷右衛門使用のシルクハットとステッキ
 常陸山は、明治40年(1907)8月7日から41年3月28日まで、弟子の近江富士・若ノ浦・平田山(いずれも幕下)を伴い、アメリカ・ヨーロッパを漫遊した。アメリカでは大統領のセオドア・ルーズベルトと謁見し、ホワイトハウスで横綱土俵入りを披露した。このシルクハットはその洋行のときに着用した。箱にはT.Ichigeと記されている。
 また、常陸山はステッキを愛用した。このステッキは、常陸山が大麻唯男(1889~1957、内務官僚から政治家、後に国務大臣を務めた。太平洋戦争後の大相撲復興に尽力した)へ結婚記念として贈ったもの。昭和19年(1944)に大麻から常陸山の遺弟子、年寄・藤島(元31代横綱・常ノ花)に譲られた。
大相撲常設場国技館
7 大相撲常設場国技館
 長らく大相撲は、寺社の境内などに仮設の興行場所を設けて行われていた。雨が降ると順延し、10日間の興行が1カ月以上かかる場合もあり、延びれば延びるほど経費を負担しなければならなかった。観客も天候によっては、寒さ暑さに耐えながらの観戦となった。相撲興行のための建築物は、東京相撲の悲願であった。
 最初の国技館は、明治39年(1906)に工事が始まり、明治42年(1909)6月2日に開館式が行われた。設計は、東京駅や日本銀行を手がけた辰野金吾(1854~1919)と弟子の葛西萬司(1863~1942)による。ローマ様式に似ているが、定まったものではなく、欧米にも例のない大規模な施設として話題になった。
大角力常設館完成初興行御披露文
8 大角力常設館完成初興行御披露文
 江見水蔭による国技館初興行の披露文。文中の「角力は日本の国技」という文言から、年寄・尾車(元大関・大戸平)が国技館と命名した。東洋一の施設であること、晴雨に関係なく興行を開催することが可能となり、観覧者も予定通りに相撲を見られると謳っている。
太刀山峰右衛門(1877~1941)
9 太刀山峰右衛門(1877~1941)
 富山県富山市出身の22代横綱。身長185cm、体重139kg。しこ名は、出身地富山の名峰立山と常陸山に迫る力士になれ、との意を込めたもの。幕下付出で取り始めて順調に出世した。明治36年(1903)1月場所入幕。激しい突っ張りや豪快な呼び戻しを得意とした。引分や預、休場をはさみながらであるが、43連勝と56連勝を記録。明治末期から大正前期の大相撲で無類の強さを発揮した。現在の不知火型は、太刀山の形を受け継いでいるといわれる。優勝9回。
 引退後は年寄・東関を襲名して弟子を育成。大正8年(1919)5月場所後の勝負検査役選挙で落選したため、協会を去り、以後悠々自適の生活を送った。弟子からは大関・太刀光などが誕生している。昭和12年(1937)2月に還暦祝いを催し、赤い綱を締めて横綱土俵入りを披露した。これが還暦土俵入りのはじめである。
太刀山峰右衛門の手形
10 太刀山峰右衛門の手形
 太刀山の手の長さは22.7cm。身長185cm、体重139kgの体格から繰り出す突っ張りは、その威力から「四十五日(しじゅうごにち、45日は一月半で、太刀山は一突きと半分で相手を飛ばしたから)」といわれた。

展示解説のお知らせ

日時 1月13日(土)の14時から
参加ご希望の方は相撲博物館展示室までお越しください。

過去の展示