ホーム  > 力士情報・成績 > 三月場所番付 > 平成三十年三月場所 番付トピックス

平成三十年三月場所

平成三十年三月場所 番付トピックス

横綱 白鵬

  • 横綱在位64場所は、史上単独1位。(別表1

関脇 御嶽海

  • 5場所連続の関脇。三役は7場所連続。

再関脇 栃ノ心

  • 平成28年7月場所以来10場所ぶりの関脇。三役は平成29年1月場所以来7場所ぶり。

再小結 逸ノ城

  • 平成27年5月場所以来17場所ぶりの小結。三役は平成27年7月場所以来16場所ぶり。

再小結 千代大龍

  • 平成26年9月場所以来21場所ぶりの小結。

再入幕 妙義龍

  • 2場所ぶりの幕内復帰。

再入幕 英乃海

  • 平成28年11月場所以来8場所ぶりの幕内復帰。

再入幕 碧山

  • 2場所ぶりの幕内復帰。

新十両 貴公俊

  • 貴乃花部屋からは、現師匠が平成16年2月1日に創設してから平成29年5月場所の貴源治以来4人目。
  • 栃木県からは、貴源治以来戦後9人目。
  • 弟の貴源治に次いでの新十両。新たな兄弟関取の誕生は、平成29年7月場所の英乃海・翔猿以来史上19組目。(別表2

新十両 炎鵬

  • 宮城野部屋からは、平成27年3月場所の石浦以来。
  • 石川県からは、平成27年7月場所の高立以来戦後19人目。
  • 金沢学院大学からは初めて。学生相撲出身としては、先場所の水戸龍以来125人目。
  • 初土俵以来6場所所要は、1位タイのスピード昇進。(別表3

再十両 矢後

  • 2場所ぶりの十両復帰。

再十両 志摩ノ海

  • 平成28年7月場所以来10場所ぶりの十両復帰。

再十両 照強

  • 2場所ぶりの十両復帰。

再十両 翔猿

  • 平成29年7月場所以来4場所ぶりの十両復帰。

再十両 明瀬山

  • 平成28年5月場所以来11場所ぶりの十両復帰。

※照ノ富士

  • 大関経験者の十両陥落は、大受・雅山・平成25年9月場所の把瑠都以来4人目。
  • 幕内優勝経験者の十両陥落は、把瑠都以来史上12人目。

別表1

別表2

別表3