ホーム  > 力士情報・成績 > 十一月場所番付 > 平成三十年十一月場所 番付トピックス

平成三十年十一月場所

平成三十年十一月場所 番付トピックス

関脇 御嶽海

  • 3場所連続の関脇。昭和以降7位タイの11場所連続三役。(別表1

関脇 逸ノ城

  • 4場所連続の関脇。三役は5場所連続。

小結 貴景勝

  • 2場所連続の小結。三役も2場所連続。

再小結 魁聖

  • 平成28年9月場所以来13場所ぶりの小結。

再入幕 大奄美

  • 平成30年5月場所以来3場所ぶりの幕内復帰。

再入幕 明生

  • 2場所ぶりの幕内復帰。

再入幕 荒鷲

  • 2場所ぶりの幕内復帰。

新十両 極芯道

  • 錦戸部屋からは、現師匠が平成14年12月1日に創設してから平成30年1月場所の水戸龍以来2人目。
  • 兵庫県からは、平成29年1月場所の照強以来戦後34人目。

新十両 友風

  • 尾車部屋からは、現師匠が昭和62年3月23日に創設してから平成29年9月場所の矢後以来10人目。
  • 神奈川県からは、平成27年11月場所の朝弁慶以来戦後18人目。
  • 日本体育大学からは、7月場所の千代の海以来10人目。学生相撲出身としては、7月場所の千代の海・美ノ海以来129人目。

再十両 豊ノ島

  • 平成28年9月場所以来13場所ぶりの十両復帰。
  • 35歳4ヶ月での再十両は、戦後6位の高齢昇進。(別表2

別表1

別表2