ホーム  > 国技館のご案内 > 相撲博物館 > 展示紹介

展示室が1室のため常設展示ではなく、年6回の展示替により様々な資料をご覧いただけるよう努めています。

現在の展示

「手形 Rikishi's palm print」

展示期間 平成29年(2017)2月21日(火)~4月21日(金)

 力士は関取に昇進すると手形を押すことができます。手形は一人前となった証です。力士の手は、激しく相手を突き、押し、力強く廻しをつかみます。 鍛錬を重ねた大きな手に、人々は畏敬の念を抱き、健康や悪霊退散の願いを込めて手形を求めました。
 今回、江戸時代から現代までの歴代横綱や巨人力士たちが残した手形を一堂に展示いたします。まげや化粧廻しと並んで力士を象徴する存在である手形の数々から、 強さやたくましさを感じていただければ幸いです。

釋迦ケ嶽雲右衛門手形 楽只斎 画
1 釋迦ケ嶽雲右衛門手形 楽只斎 画
 釋迦ケ嶽雲右衛門(1749~1775)は、島根県安来市出身の大関。身長227cmの超大型力士で、大坂・江戸で看板大関を務め、強い巨人力士として土俵を盛り上げた。
 楽只斎(らくしさい)とは、高嵩谷(こうすうこく 1730~1804)の雅号。江戸時代中期に確立された英(はなぶさ)派の絵師。
谷風梶之助手形・足形
2 谷風梶之助手形・足形
 谷風梶之助(1750~1795)は、宮城県仙台市出身の4代横綱。仙台伊達藩の抱え力士で、5代横綱・小野川喜三郎(1758~1806)とともに寛政期(1789~1801)の相撲界を盛り上げた。
手形を押す大空武左衛門 国安 画
3 手形を押す大空武左衛門 国安 画
 大空武左衛門(1796~1832)は、熊本県山都町出身の巨人力士。身長227cm・手のひら36.4cm・足の大きさ41cmといわれ、牛をまたぐほどであったことから「牛股」と称された。
大空武左衛門手形 四方真顔 賛
4 大空武左衛門手形 四方真顔 賛
 戸に張ると魔除けになるとあり、江戸時代の力士の手形を用いた風習がうかがわれる。
 四方真顔(よものまがお)は、鹿津部(しかつべ)真顔(1753~1829)の雅号。はじめ恋川春町(こいかわはるまち)に師事して、恋川好町と号して戯作者として活躍した。のち四方赤良(よものあから 大田南畝)の門に入り、狂歌師として狂歌界を牽引した。
大砲万右衛門・常陸山谷右衛門手形
5 大砲万右衛門・常陸山谷右衛門手形
 大砲万右衛門(1869~1918)は、宮城県白石市出身の18代横綱。身長194cmの大柄な体格から繰り出される、突っ張りで相手を圧倒した。常陸山谷右衛門(1874~1922)は、茨城県水戸市出身の19代横綱。極め技やつり出しを得意とし、20代横綱・梅ヶ谷藤太郎(二代、1878~1927)とともに「梅・常陸時代」を築き、明治後半期の角界を盛り上げた。
白頭山福童手形
6 白頭山福童手形
白頭山福童
7 白頭山福童
 向かって右が白頭山(1903~?)。韓国出身の三段目。身長217cmという超大型力士で、「出羽ヶ嶽を見おろす巨人」として注目を浴びた。
貴乃花光司・曙太郎手形
8 貴乃花光司・曙太郎手形
 貴乃花光司(1972~)は、東京都中野区出身の65代横綱。最年少幕内優勝などの数々の史上最年少記録を樹立し、人気を博した。
 曙太郎(1969~)は、米国ハワイ州出身の64代横綱。初土俵が若乃花・貴乃花と同じく昭和63年(1988)3月場所で、外国出身力士として初めて横綱に昇進した。

過去の展示

×