ホーム  > 指導普及部 > 夏期相撲大会等催事

第32回全国小・中・高等学校、大学および社会体育相撲指導者研修会〜写真レポート

当協会と公益財団法人日本相撲連盟が主催し、相撲の講義と実技実習を通して相撲の指導方法を研修するものです。
本年は下記日程内容にて合宿し、国技館相撲教習所、国技館大広間、草津相撲研修道場を会場として開催いたしました。

日程内容
8月18日(火)午後・開講式
・特別講演「私と相撲」
・講義:相撲の怪我と応急措置
8月19日(水)午前・実技:まわしの折り方・締め方
・講義:相撲の効果的トレーニング法
午後・講義:審判規定と審判法
・講義:日相連諸規程について
8月20日(木)午前・草津へ移動
午後・実技:相撲の基本動作と相撲体操
8月21日(金)午前・質疑応答
・終了式
午後・東京へ移動後、解散

当協会より、貴乃花、山科、甲山、音羽山、現役指導員2名が講師を務めました。
相撲連盟より、南、浦嶋、舛田、村田、櫟原、屋田、住吉の各氏が講師ならびに進行を務めました。

内容は、東京国技館において、特別講演「私と相撲」、まわしの折り方と締め方、相撲の怪我と応急措置、相撲の効果的トレーニング方法、審判規定と審判法、日相連諸規程について、を行い、草津相撲研修道場において、相撲の基本動作と相撲体操、質疑応答を行いました。

本指導者研修会の申込窓口は、公益財団法人日本相撲連盟です。
毎年6月下旬より7月末まで申込を募っております。
参加をご検討、ご希望の方は、相撲連盟へお問い合せ下さいますようお願い致します。
電話番号:03-3368-2211

国技館
▲教習所入り口。開講式場。
(相撲教習所教室)
▲開講式にて挨拶する貴乃花指導普及部長。
山科親方と連盟役員も臨席。
(相撲教習所教室)
▲参加した受講生が一人ずつ
自己紹介をします。
(相撲教習所教室)
▲特別講演する関ノ戸親方。
(相撲教習所教室)
▲怪我の応急措置による講義をする
相撲連盟派遣講師。
(相撲教習所教室)
▲ビール瓶でまわしに折り目を付けて
折っています。
(大広間)
▲学生の実演を交えて効果的トレーニング法を
説明する連盟講師
(大広間)
▲ 講義を聞く受講生の方々。
(相撲教習所教室)
▲スクリーンを使用し、審判規定と
審判法について講義する連盟講師。
(相撲教習所教室)
草津相撲研修道場
▲塵手水の型。
指導員を手本に実技をする受講生。
(草津相撲研修道場土俵)
▲攻めの型。
(草津相撲研修道場土俵)
▲てっぽうの実演をする甲山親方。
(草津相撲研修道場土俵)
▲受身の取り方を、細かな動きを説明する
甲山親方。その説明を聞き入る受講生。
(草津相撲研修道場土俵)
▲ぶつかり稽古。ぶつかる受講生と、
それを受ける甲山親方。
その動きを見る貴乃花指導普及部長。
(草津相撲研修道場土俵)
▲四股の型。それを見る貴乃花指導普及部長、
奥には山科親方と連盟役員。
(草津相撲研修道場土俵)
▲閉校式にて受講生に修了証を手渡す
貴乃花指導普及部長。
(草津相撲研修道場食堂)
▲受講者全員でまわしを締めての集合写真。
(草津相撲研修道場玄関前)
▲草津相撲研修道場。
道場外観、浴場、朝食、夕食。