展示室が1室のため常設展示ではなく、年6回の展示替により様々な資料をご覧いただけるよう努めています。

現在の展示

力士の作品展

展示期間 平成28年(2016)6月21日(火)〜8月10日(水)

 力士は、手形とともに書を求められる機会が多々あります。7代横綱稲妻雷五郎や12代横綱陣幕久五郎は、相撲の極意を説いた句を残しました。また、絵を描くことを趣味とした力士もいます。書や絵に没頭することによって、厳しい勝負の世界をいっとき離れ、気持ちを新たにできたのでしょう。
 この展覧会では、江戸時代から現代までの名力士による書画を展示いたします。書画には、作者の人柄がにじみ出るといわれます。力士が土俵上で見せる以外の一面を作品から感じていただければ幸いです。

「あらそわぬ風に柳のすまひかな」稲妻雷五郎
1 「あらそわぬ風に柳のすまひかな」稲妻雷五郎
 稲妻雷五郎(1802〜1877)は、茨城県稲敷市出身の7代横綱。6代横綱阿武松緑之助とともに、文政から天保の相撲界を支えた。
 稲妻による相撲の極意を解いた一句である。
「山色新」常陸山谷右衛門 書
2 「山色新」常陸山谷右衛門 書
 常陸山谷右衛門(1874〜1922)は、茨城県水戸市出身の19代横綱。堂々とした体格、人望が厚く、「角聖」といわれた。20代横綱梅ケ谷藤太郎(二代)とともに、明治末期の大相撲を隆盛に導いた。優勝1回。
「富士山」太刀山峰右衛門 画
3 「富士山」太刀山峰右衛門 画
 22代横綱太刀山峰右衛門(1877〜1941)は、富山県富山市の出身。強力な突っ張り、呼び戻しで明治末期から大正にかけて強さを誇った。優勝9回。
 日本画家の福井江亭(1865〜1937)に師事して、富士山の絵を数多く描いた。当館では9点所蔵している。
「南風無高下花枝自短長」(みなみかぜこうげなく かしおのずからたんちょう)磐石熊太郎 書
4 「南風無高下花枝自短長」
(みなみかぜこうげなく かしおのずからたんちょう)
磐石熊太郎 書
 磐石熊太郎(1908〜1944)は、大阪府大阪市出身の関脇。昭和2年(1927)東西合併により大阪相撲から加わって、最後に入幕した力士。四つ相撲でうまさを発揮した。読書家、能筆家で知られた。
 元は禅語「春色無高下花枝自短長」。春の美しさはどこでも同じだが、花の枝には長いものも短いものもある。つまり、人間の存在は等しく同じだが、それぞれに違いがあるという意味。この禅語の最初を「南風」に置き換えて記している。
「和」春日野清隆 書
5 「和」春日野清隆 書
 春日野清隆(元栃錦 1925〜1990)は、東京都江戸川区出身の44代横綱。内掛け、出し投げ、二枚蹴りなどを繰り出して技能賞の常連となり、体重が増えるに従って正攻法の相撲へと変わった。45代横綱若乃花幹士(初代)と「栃若時代」を築いた。引退後は日本相撲協会の理事長を務めた。優勝10回。
「前進」柏戸剛 書
6 「前進」柏戸剛 書
 柏戸剛(1938〜1996)は、山形県鶴岡市出身の47代横綱。右差し、左前廻しを取って土俵を走る速攻を持ち味とし、48代横綱大鵬と「柏鵬時代」を築いた。優勝5回。
 自らの相撲ぶりを象徴する一語である。
「忍」大鵬幸喜 書
7 「忍」大鵬幸喜 書
 大鵬幸喜(1940〜2013)は、北海道弟子屈町出身の48代横綱。相手に合わせた柔軟な相撲を見せ、左四つからの寄り、上手投げ、すくい投げを得意とした。「巨人、大鵬、卵焼き」の流行語が生まれた。優勝32回。
 書を求められると、「忍」「夢」としたためることが多かった。
「着々寸進洋々万里」佐渡ケ嶽慶兼 書画
8 「着々寸進洋々万里」佐渡ケ嶽慶兼 書画
 佐渡ケ嶽慶兼(琴櫻傑将)(1940〜2007)は、鳥取県倉吉市出身の53代横綱。頭からの激しいぶちかましや押しで「猛牛」といわれた。32歳で横綱に昇進。優勝5回。

 このほか、27代横綱栃木山守也、35代横綱双葉山定次などによる書、三保ケ関国秋(大関増位山)、大関増位山太志郎、55代横綱北の湖敏満、70代横綱日馬富士公平、若の里忍(現年寄西岩)などによる油絵ほかを展示します。

展示解説のお知らせ

日時8月6日(土)の13時から
参加ご希望の方は相撲博物館展示室までお越しください。

過去の展示

国技館のご案内

国技館の貸出

相撲博物館