ホーム  > 力士情報・成績 > 一月場所番付 > 平成三十年一月場所 番付トピックス

平成三十年一月場所:中日

平成三十年一月場所 番付トピックス

横綱 白鵬

  • 横綱在位63場所は、北の湖と並んで史上1位タイ。(別表1

関脇 御嶽海

  • 4場所連続の関脇。三役は6場所連続。

再関脇 玉鷲

  • 平成29年7月場所以来3場所ぶりの関脇。三役は2場所ぶり。

新小結 貴景勝

  • 貴乃花部屋からは、現師匠が平成16年2月1日に創設してから初めて。
  • 兵庫県からは、平成24年7月場所の妙義龍以来戦後10人目。

小結 阿武咲

  • 2場所連続の小結。三役も2場所連続。

新入幕 阿炎

  • 錣山部屋からは、現師匠が平成16年1月27日に創設してから平成27年7月場所の青狼以来3人目。
  • 埼玉県からは、平成28年11月場所の北勝富士以来戦後11人目。

新入幕 竜電

  • 高田川部屋からは、現師匠が平成21年8月5日に継承してから平成28年1月場所の輝以来2人目。
  • 山梨県からは、昭和63年3月場所の大乃花以来戦後7人目。
  • 関取経験者が序ノ口陥落後に新入幕は、平成4年11月場所の琴別府以来史上2人目。

再入幕 蒼国来

  • 平成29年7月場所以来3場所ぶりの幕内復帰。

再入幕 豊山

  • 2場所ぶりの幕内復帰。

再入幕 石浦

  • 2場所ぶりの幕内復帰。

新十両 水戸龍

  • 錦戸部屋からは、平成14年12月1日に創設してから初めて。
  • モンゴルからは、平成28年11月場所の大翔鵬以来33人目。
  • 日本大学からは、平成29年7月場所の翔猿以来50人目。学生相撲出身としては、平成29年9月場所の矢後以来124人目。

新十両 天空海

  • 立浪部屋からは、現師匠が平成11年2月22日に継承してから平成29年1月場所の力真以来5人目。
  • 茨城県からは、平成22年11月場所の高安以来戦後21人目。

再十両 栃飛龍

  • 平成27年1月場所以来18場所ぶりの十両復帰。

再十両 大翔鵬

  • 平成28年11月場所以来7場所ぶりの十両復帰。

再十両 希善龍

  • 2場所ぶりの十両復帰。
  • 8度目の十両昇進は、史上1位タイ。(別表2

別表1

別表2