ホーム  > 指導普及部 > 夏期相撲大会等催事

第37回小中学生相撲部屋開放〜写真レポート

「相撲部屋開放」の様子を写真でお伝えいたします。
初心者から上級者まで、実力に合った楽しい稽古が出来ます。

相撲部屋開放に参加された方々が初心者中心の場合、相撲基本動作 からじっくりと練習いたします。

日本相撲協会指導普及部支部道場の子供たちや、いつも稽古をしている子供たちは、希望によりお相撲さんの胸をかりて激しい実践練習も可能です。

陸奥部屋 高砂部屋
▲お相撲さんに手伝ってもらい、
正しくまわしを締めています。
▲塵浄水の型。
陸奥部屋 出羽海部屋
▲四股の型。体重移動をしながら、支えている方の足を伸ばし、体と一緒にもう片方の足を上げます。 ▲仕切りの型。
「ヤー!」と全員で大きな声を出します。
貴乃花部屋 出羽海部屋
▲攻めの型。 ▲防ぎの型。力士指導員が手を取り、
正しい動作を指導します。
陸奥部屋 式秀部屋
▲土俵入の型。
力士を手本に両手を大きく広げ、息を整えます。
▲股割り。太ももを叩いてお腹から地面に付けていきます
。体を柔軟に保つことが怪我防止になります。
春日野部屋 春日山部屋
▲股割りと脇伸ばし。 ▲すり足。腰を落とし、足の裏を地面につけたまま、
するようにして足を運びます。
九重部屋 高砂部屋
▲横方向へのすり足。 ▲じょうろとほうきを使って力士が土俵を整えます。
貴乃花部屋 式秀部屋
▲転倒法の練習。
慣れない子供を指導する力士。
▲てっぽうの練習。力士が手本を見せ、 初心者の子に丁寧に指導しています。
九重部屋 出羽海部屋
▲てっぽう柱を使っててっぽうの練習。
陣幕親方とお相撲さんが指導します。
▲真夏の稽古は暑いので、
休憩時にしっかりと水分を補給します。
時津風部屋 春日野部屋
▲ぶつかり稽古。 ▲力一杯お相撲さんを土俵の外に押し出します。
時津風部屋 高砂部屋
▲力士に力強く向かっている姿。
力士指導員が胸を貸します。
▲稽古の様子を熱心に見守る引率の方々。
井筒部屋 時津風部屋
▲稽古の合間にしゃがんだ状態で足を運んでいます。
下半身を鍛えます。
▲休憩中はよく水分補給をし、
体についた土や汗をタオルで拭います。
春日山部屋 春日野部屋
▲春日山親方の細かな指導に聞き入る参加児童。 ▲立ち合う前の仕切り。
拳を地面に付けて前へ体重を掛けます。
貴乃花部屋 井筒部屋
▲仕切りから立ち合う瞬間。
力士へ思い切り向かっていきます。
▲甲山親方が見つめる中
子供同士で取組をしています。
井筒部屋 式秀部屋
▲緩んだまわしを、甲山親方がきちんと締め直してくれました。 ▲体についた砂をシャワーで流してから湯船に入りました。
九重部屋 春日山部屋
▲三日間以上の参加でちゃんこを囲んでの検討会があります。
稽古を頑張った後の食事はとってもおいしい。
▲稽古が終わり、親方とお相撲さんと
一緒に記念写真を撮りました。