ホーム  > 協会について > 協会のあゆみ

協会のあゆみ

大正14年12月
(1925)
財団法人大日本相撲協会誕生
昭和2年1月
(1927)
東京、大阪両相撲協会合併
昭和3年1月
(1928)
仕切時間、仕切線の設定
昭和6年4月
(1931)
土俵の改革
土俵の直径13尺を15尺(4.55m)に、二重土俵を一重に改める。
昭和27年9月
(1952)
四本柱の撤廃
代わりに吊屋根、四色の房を下げる
昭和29年9月
(1954)
蔵前国技館開館
昭和60年1月
(1985)
両国新国技館開館